2018.06.11 お知らせ

【雑誌掲載のお知らせ】ドラレコは事故の証拠以外にもたくさんの役割が!

お困りの方は、お気軽にご相談ください。

03-5879-6703
電話受付時間 9:00〜18:00

先日、雑誌の対談に行ってきました。

晋遊舎発行の「MONOQLO」 7月号。
内容は、「ドライブレコーダー最強ランキング」

ドライブレコーダーが、車の事故や運転にとって、どのように役に立つのか、
そして、数多く販売されているドラレコの機能や価格を比較検討し、どのメーカーの製品がおススメかを議論しています。

ドラレコは、たんに事故の状況を記録するだけと考えられがちですが、その他にもさまざまな面で役に立ちます。

せっかくなので、ここでドラレコの役割について、ご紹介いたします。

画像がキレイなのは当たり前! 進化するドラレコの役割とは!?

(1)前方で起こった事故の動画は裁判で有力な証拠になる!

交通事故は瞬時に起こるものなので、事故を起こした当事者同士も、正確に記憶している部分と、そうでない部分があります。
どうしても曖昧な面が出てきたり、双方の言い分が食い違うことも生じます。
しかし、ドラレコによる録画記録があれば、どのような状況で事故が起きたのか、一目瞭然です。
これにより、過失の割合が決まってきます。

警察もたしかな証拠として重要視していますので、無駄な言い争いを避けるためにも、ドラレコでの録画が有効です。

(2)リアカメラで後方の様子も記録できる!

最近のドラレコのなかには、リアカメラが付いているものもあります。
これで車の後方部分を記録すれば、後方で起こった事故や、あおり運転をされたときの証拠にもなります。
「ドラレコ搭載中」というシールを見えるところに貼っておけば、後方車の運転手に注意を喚起したり、抑止効果が働き、事故の回避にもつながります。

(3)駐車中の監視記録で、当て逃げや車上荒らしの証拠にもなる!

買物など一時的な駐車中に起こりやすい当て逃げや、車上荒らし。
運転手が現場にいないので、加害者にそのまま逃げられてしまうことも多いようです。
しかし、ドラレコによる記録があれば、相手の車体やナンバーが映ったり、車上荒らしの犯人の顔や手口が録画されます。
録画された証拠があれば、警察も捜査がしやすくなりますね。

(4)自分自身への抑止効果も働き、安全運転につながる!

ドラレコによって記録が残っていると思うと、運転手自身も自然と安全運転を心掛けるようになります。
車線変更時や右折時の巻き込みなど、ちょっとした油断や焦りで事故が起こりやすくなりますが、「いつも録画されている」という意識があれば、そのような場面でも慎重かつ注意深く運転するようになります。
事故を未然に防ぐのに効果的です。

(5)趣味やレジャーの一環として、車中からの景色を残す

ドライブに出かけた際には、ドラレコで車中から見える景色を残すことができます。
運転手は運転に集中しているので、なかなか同乗者と同じように景色を楽しむことができません。
それでも、ドラレコがあれば、あとで録画を見返すこともできますし、思い出話で盛り上がることも可能です。

最近では、ドラレコで録画した風景をYouTubeで公開している人もいます。
BGMをつければ、ちょっとした思い出movieとして楽しむこともできますね。

このように、さまざまな面で役に立つドラレコ。
事故現場の記録に使うだけと考えると、ドラレコの購入費を負担に感じがちですが、楽しい思い出を残したり、車を離れている間も見張ってくれることをふまえれば、決して割高なものではありません。

録画された証拠がなければ、警察による実況見分で過失割合が決まり、あとでそれを覆すのは困難です。

「論より証拠」と言われるように、自分の身を守り、正当な賠償金を受け取るためにも、ドラレコの設置を考えてみてはいかがでしょうか。

どのドラレコを選べばいいのかは、雑誌で詳しく解説されています。
興味のある方は、雑誌を見ながら、ゆっくり比較検討してみてください。