このようなことでお困りではありませんか?

  • カードの支払いが難しくなってきた、少しでも毎月の負担を減らしたい
  • 自己破産を考えているが、家族や周りの人に知られないか心配
  • テレビCM等でよくやっている過払金、自分にもあるのか調べたい

当事務所の強み

法テラス利用OK

任意整理や自己破産について、どのような解決を図るのがいいかを、初回の無料相談でお答えします。
お気軽にご連絡ください

ケース別によるサービス内容

任意整理と自己破産について

カードローンなどによる債務の支払いについて、返済が難しい方向けに、弁護士による債務整理をおこないます。
債務整理は、大きく分けて“任意整理”と“自己破産”の二つの手続きがあります。

任意整理

各業者との交渉により、月々の返済額の減額や利息をカットしてもらいます。

メリット

手続きが簡単で、業者も合意に応じてくれやすい。
弁護士費用も安価。

デメリット

返済額の減額であるため、
毎月の支払いは続けないといけない。
信用情報には登録されるため、
新たな借入れ等に支障が生じます。

自己破産

裁判所への申立てにより、財産の整理を行う代わりに、それまでの債務を免除してもらいます。

メリット

債務の免除が受けられるため
生活の再建を図ることができる。

デメリット

書類整理等の準備が大変。
不動産などの財産は原則手放さないといけない。
債務を負担した事情等によっては、
債務の免除が受けられないことがある。

どちらの手続きについても、長所と短所があるため、どちらの手続きを選択するかはご依頼者様のご事情によって変わってきます。
当事務所の無料相談では、相談者様のお話をお聞きしたうえで、どちらの手続きを選択するかを一緒に考えてから方針を決定いたします。任意整理か自己破産かを自分で決める前に、まずはご相談ください。

費用
債務整理
着手金一社ごと3万円(税別) 報酬金:債務総額からの減額分の10%
自己破産
同時廃止事件 手数料30万円(税別)
管財事件 手数料40万円(税別)
※東京地裁管轄の案件に限ります

過払い金の計算もできます

テレビCM等で案内されています過払い金の請求について、当事務所でも対応しております。
過払い金については、現金が戻ってくる可能性はもちろん、現在も多額の借入れがある場合には、過払い金と差引き(相殺)することで債務総額を減額させることも可能です。
債務がある方も、すで完済されている方でも手続きを行いますので、お気軽にご連絡ください。

費用

すでに完済されている方 着手金0 報酬金 過払い金回収額20%+3万円(ご自身のご負担なく手続きすることが可能です)
完済されていない方については、上記の任意整理に準じた費用体系で行います。

法テラスの利用もOK

当事務所での債務整理案件については、法テラスの利用も随時行っております。
債務の返済ができず、弁護士費用の支払いも不安な方は、弁護士費用を立て替える制度がありますので、お気軽にご相談ください